2007年08月08日

“フィットネス大国”アメリカで成長率NO.1(※)!自立型フィットネスで短時間・集中トレーニング

“ フィットネス大国” アメリカで成長率NO.1 (※) ! !

自立型フィットネスで短時間・集中トレーニング(※ 米フランチェイズタイムス調べ)


――――――――――――――――――――



ビリー・ブートキャンプのDVDが注目を集め、ハードなエクササイズでカラダを鍛えるなど、さらに健康志向の高まり、予防医学に対する考えの浸透により、日本のフィットネス人口も増える傾向にある今、自ら体を動かし「楽しく、結果が出るフィットネス」は、ますます注目を集めそうだ。 そんな中、アメリカ・カリフォルニアに本部を置く 『Butterfly LIFE(バタフライライフ)』 は、30分のサーキットトレーニング、ヨガやピラティスなどのコンテンツ、食生活の改善を中心としたプログラムの提案の3つの特徴を持ち、女性の美と健康を追求するライフスタイルをトータルにサポートする女性専用フィットネスクラブである。



 ■ 8週間でカラダが変わる?!! 体を“鍛える”のではなく、“健康・美容”を重視



≪ Butterfly Lifeの3つの特徴 ≫


http://www.butterflylife.jp


施設内は、女性スタッフ・女性会員専用のため、リラックスしながら自分のペースでトレーニングが可能。また、インストラクターではなく、全ての分野に精通しているライフスタイルコーチが常駐しているので、個々に合わせたきめ細やかなサポートが受けられ、楽しみながら身体を動かす習慣とヘルシーなライフスタイルが、自然と身につくシステムとなっている。


1.) サーキットトレーニング : マシン2台おきにトランポリンエクササイズを組み込んだ15のマシンプログラム。
インナーマッスルを鍛えて脂肪を燃焼し、基礎代謝をアップ。



2.) ライフビジョン :  ヨガ、ピラティス、ブートキャンプ、ダンスなどの様々なクラスを、アメリカのプロフェッショナルがプラズマディスプレイを通じて、直接指導。



3.) バタフライダイエット : 栄養学を取り入れたオリジナルメソッドによる健康的な食生活を提案するプログラム。ダイエット中でもストレスのない食生活を実現。



 ■  “3食+3おやつ” でダイエット成功! 予防医学からなる 『バタフライダイエット』



グループカウンセリングや、日々の食事の記録など、生活そのものを見直す!

 バタフライダイエットは、食事とおやつのメニューをブックで紹介する簡単でおいしいレシピから選ぶだけ。  空腹を我慢したり、キャベツやリンゴだけを食べて無理なダイエットをする必要がないプログラムが 『バタフライダイエット』。

慣れるまでは、グループカウンセリングを受けながら食事の記録をつけていくので、挫折なく続けることができる。



●会員の方の喜びの声●



「ショートサーキット、グループみんなで取り組むバタフライダイエットで無理なく2ヶ月でウエストが3cmスリムに」 (Y.O.さん/23歳)

「以前のジムは男の人のあと、マシンのシートの高さを調整するのが大変でした。必死で汗を流す姿を見られるのも嫌でした。 バタフライライフは女性専用だからいいですね」 (Y.A.さん/28歳)

「予約不要なので仕事の都合に合わせて取り組めます。 体が軽くなり、肩こりやストレスが解消したのを実感しています」 (S.R.さん/44歳)



――――――――――――――――――――



N.A.gene株式会社

TEL:03-6825-1240

http://www.nagene.co.jp
トレンダーズ株式会社 (プレスリリース)
posted by yangas at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<松原英多>第2回 「せめてこれだけはやろうよ」の精神

 情報番組「午後は○○(まるまる) おもいッきりテレビ」(日本テレビ系)の出演でも知られる松原英多医師が内臓脂肪症候群に悩む人向けに『内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)にならない「これだけ健康法」』(一ツ橋書店刊)を書いた。いつも前向きの生活改善をアドバイスする松原医師に、内臓脂肪症候群を防ぐための生活改善方法を聞いた。

◇   ◇   ◇

 内臓脂肪を減らすためには、運動をすることと、ダイエットをすることの2本立ての対策をとることが重要です。口で言うのは簡単ですが、なかなか成功はしないものですよね。

 以前、「キャベツを食べることでやせる」というダイエットが放映され、評判になりました。確かに効果があるのかも知れません。でも、いつまで続ければいいのでしょうか?

 私は、運動にしろ、ダイエットにしろ、無理をせずに「せめてこれだけはやろうよ」と思い、続けられることをお勧めしています。

 私は「午後は○○(まるまる) おもいッきりテレビ」(日本テレビ系)の健康部門の立ち上げに携わりました。スタート当時の考えは「100%が無理なら、せめてこれだけはやろうよ」という内容を放送していこうというものでした。ハードルが高いと継続が難しくなるので、途中で止めて、健康法の効果がゼロになりかねません。

 「せめてこれだけ健康法」の基礎として「よく、かむ」「毎日体重を計る」「立つことを増やす」の3つをお勧めしています。そこへ、1食に1品だけでも硬めの食べ物を加えてみましょう。かむ回数が増え、脳の血流を良くして認知症を予防します。同時に早食いやドカ食いがなくなりますから、肥満も自動的に解消されてしまいます。

 毎日体重を計ることは心理的に減量のきっかけを生み出すことになり、無理なくやせるダイエットをスムーズに進行させます。

 もう一つ、大切なのは「立つこと」です。直立姿勢を支えるには、多数の筋肉が必要になります。立つだけでも、多くの筋肉が働く「運動」になるのです。さらに立つことは、次の行動への準備行為でもあります。立つだけで、さらなる運動を誘発し、知らぬ間に運動量を増加させることができるのです。日本経済新聞
posted by yangas at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ダイエット通信]何故?同じメーカーから"カロリーゼロ"コーラが2種類発売

コカコーラゼロ。最近、CMでもよく見かけるが、コカコーラって、ゼロカロリーコーラを前から出していたよね?と思った方も多いと思う。

不思議に思った記者は、カロリーゼロコーラの調査を開始!

カロリーが気になるけれど、コーラを飲みたい!という要望に応えて1999年6月に発売したのが、ダイエットコーラ。カロリーゼロにすることは成功したものの、当時の技術では、従来のコーラの味の維持までは出来なかった。それゆえ、カロリーを気にする人(特に女性)には売れていたが、コーラ本来の味を求める人には不評だったそう。
ダイエットコーラ発売から8年の時が経ち、その間の技術進歩で従来のコーラの味を維持したまま、カロリーゼロが可能になり、コカコーラゼロを発売した。というわけ。
ターゲットも、従来のダイエットコーラを敬遠しがちだった男性に絞り、広告展開を行っている。

確かに、CMもサムライを使って男性のイメージを強調している。
まてよ……味が違う?そこで両者を購入して比較することにした。

味が違うということは、原材料が違うのだろうか?
側面の原材料名を見ても、全く同じである。書いてある順番も同じ。原材料名の記載は、使っている量が多い順に記載することになっている(食品衛生法)ので、原材料の多い順も同じということになる。

飲んでみると……。
コカコーラゼロは、炭酸の泡とコーラの刺激が強く来る。炭酸で、歯がキシキシする、あの感じだ。ダイエットコーラは、炭酸が優しく、まろやかで甘みを強く感じる。普通のコーラと比べると気の抜けたコーラ。という感じ。

甘いダイエットコーラと、辛いコカコーラゼロ。あなたの好みはどっち?ライブドア・スポーツ
posted by yangas at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。